PROCESS & SERVICE

晴天への道のり
PROCESS & SERVICE

企業の経営を晴れに……。
私たちPMGPartnersは、数々の中小企業の経営を支える中で培ってきた豊富な知識と経営を見極める力、そして計画の策定、実行へと迅速に進める行動力とスピード感で、事業再生を全力でサポート。お客さまと二人三脚で事業再生に取り組み、企業の衰退期を乗り越え、再成長期へと導いてまいります。

  • PMGとの出会い

    会社経営は、常に順調とは限りません。社会経済や取引先の影響を受け、経営が悪化することもあれば、新規事業で資金が必要となることもあります。どのような企業でも資金不足に陥る可能性があるのです。売掛債権早期資金化サービスを提供するPMGでは、迅速な資金調達により、数々の中小企業を救ってきました。

  • 事業再生の決定

    資金調達を活用しながらも、創業から成長、そして成熟へと駆け上がる企業。しかし、時代変化の中、どの企業も必ず衰退期が訪れます。資金調達では一時的な解決にしかならない場合は、まだ企業に体力があるうちに、次の山――「再成長期」へと登り始めることが肝心です。判断が難しいため、早めに顧問税理士や会計士との協議はもちろん、専門家にアドバイスを求めるようにしましょう。

  • デューデリジェンス

    再生可能性の判断、そして再生のための諸施策を策定するための情報収集を目的としてデューデリジェンスを実施。事業性、財務状態、経営管理体制を確認します。事業再生において特に重要となるのは、事業性の見極めです。まずは経営状態が悪化した原因を特定し、再生可能性を検討します。

  • 再生計画と実行

    事業の実態を把握した後、事業継続のための再生計画を策定します。この再生計画は現実的であることはもちろん、債権者など利害関係者の同意を得られるようなプランでなくてはなりません。現状の利益水準をベースに、各種施策を計数化。損益計画、キャッシュフロー計画といった計数計画の策定を行い、実際の実行へと進めます。

  • 資金繰り安定化

    企業の現状把握とともに、資金繰りの状態を確認します。資金繰りに苦労している場合には、PMGグループ内の資金調達力を駆使し、リスケやファンドといった事業に最適な施策を早急に実施。資金繰りの安定化を図り、再生手続きを進める時間を確保します。

  • モニタリング

    事業活動には様々な外部要因・内部要因が影響します。当初の計画通りにいかないケースも多々あり、業績変動の要因を把握し、即座に改善策を検討、実行へと移していく対応力とスピード感が欠かせません。経営安定となる2~3年の間、月に一度モニタリングを行うことで、計画と実際とのかい離要因を見つけ、企業の再建を二人三脚で実現します。

二人三脚の徹底サポート

事業再生は経営者おひとりの問題ではありません。従業員、取引先、ご家族など、多くの関係者が影響を受けます。
PMGPartnersは二人三脚で経営者に寄り添いサポートします。事業再生を図るにもどのようにすべきなのか?そのご意向を固めるところから徹底的にヒアリングし、話合いを重ねます。そして目指す方向性にあったスペシャリストでチーム編成します。事業再生は数ヶ月ではなく数年単位となることが多いため、チーム一丸となる情熱をもった事業再生のプロフェッショナルが経営者を支えます。

  • 会計士・税理士

    会計士や税理士は経営分析から事業再生計画の策定が主な役目となります。高度な財務数値に関してのリテラシーによって数値に隠れているファクトへの洞察力が決め手となります。事業再生を行う企業の多くは資金繰りや債権者とのリスケ交渉などが必要なケースが多いため、事業再生中の経営支援も行います。

  • 事業再生弁護士

    事業再生に特化した弁護士はその会社が有する経営資源(人材・技術・ノウハウ・資産)を最大限に活用しながら、事業戦略や、組織を見直し主となる事業を中心に市場への競争力をつけ、再起を図ることをお手伝いします。また、すでに市場性が見込めない場合は、無理をしない選択も必要です。その場合は法的整理も視野に連携をとり最善の選択のサポートをいたします。

  • 中小企業診断士

    商業、工業と業界によって事業再生計画は変わります。国家資格の中で唯一マーケティングやオペレーションの知識を有している中小企業診断士。計画を実施するにあっての現場の課題を解決しながらPDCAを回す具体的なアドバイスも得意とするところです。

  • 行政書士

    行政書士は官公署への許認可申請の専門家であり、経営の身近な相談役です。経営理念、人材、技術、ノウハウ、組織力、顧客とのネットワーク、ブランドなど財務データでは現れない資産を自社の競争力の源泉として認識し組み合わせることで、持続的な収入獲得につなげる知的資産経営の報告書作成等も行っているため、各官公署への認定申請だけではなく幅広い視点でのアドバイスを行います。

  • 社労士

    社労士は労働法や社会保険に精通し、これらに該当する書類作成や提出を代行しています。事業再生では、特に雇用関係の見直しなどによる労務リスクなども発生するため、人数を有した企業の事業再生にはチームに社労士の参加が期待されます。また雇用環境改善で受給できる助成金の申請も行うことができます。

STORY

晴天への道を共に歩む
再生への道を二人三脚で

二人三脚で、感謝される金融を

傘を借りられない

経営者たち

代表・佐藤貢が金融業界へ足を踏み入れたのは平成20年のこと。世はリーマン・ショックの真っ只中で、経営困難に陥った企業で溢れていました。融資がおりず、高金利の貸金業に頼らざるを得ない経営者たち。闇金が台頭し、さらに苦しい想いをする経営者も少なくありませんでした。まさに“雨の日に傘を取り上げる”。そんな金融業界に佐藤は疑問を抱かずにはいられませんでした。

雨の日にこそ傘を貸す、

という使命

「雨が降っても傘がない」「傘を貸してももらえない」土砂降りの中、困窮する経営者をどうサポートするべきか。それは「雨の日にこそ傘を貸す」ことです。こうして佐藤は、平成27年にPMGPartnersの原点となるPMGを立ち上げ、入金日を待つことなく資金化できる「売掛債権早期資金化サービス」の提供を始めたのでした。

二人三脚の姿勢を大切に、

感謝される金融を目指して

迅速かつ大口の資金調達が可能な売掛債権早期資金化サービスは、資金繰りに悩む多くの経営者さまに喜んでいただくことができました。「PMGに出会えて良かった!」資金調達を利用した経営者さまから感謝の言葉をいただくたびに、お客さまに寄り添うことの大切さを実感していきます。経営者さまと二人三脚で歩み、事業をサポートすることに邁進していきました。

傘を貸しても、救えない経営者の存在

数多くの

経営者さまとの出会い

PMGは全国に活動を広げ、数多くの経営者さまと向き合っていきます。資金調達を求める企業の業種は多種多様で、資金調達を求める理由も実に様々。PMGは経営コンサルティングにも意識を高め、適切な売掛債権早期資金化サービスの利用を促し、根本的な経営改善の必然性をお伝えすることにも力を入れ始めます。

傘を貸しても、

救えない経営者の存在

資金調達を活用しながら、創業から成長、そして成熟へと駆け上がっていく企業。しかし、時代やマーケットの変化の中で、どの企業も必ず衰退期が訪れることも事実です。資金調達は一時的な経営改善には有効的ですが、恒常的な利用はむしろ経営を圧迫しかねません。すべての企業が、売掛債権早期資金化サービスだけで悪天候を乗り越えられるわけではないのです。

「新たなる使命」

“傘を貸す”だけでは解決しない土砂降りの中で、私たちはどのように経営者さまを支えていくべきなのか?肝心なのは、衰退期に入った企業が少しでも早く、まだ体力が残っている段階で「再成長期」へと登り始めることです。PMGは売掛債権早期資金化サービスにとどまらない「総合経営支援企業」として、事業再生に取り組むことに新たな使命を見出したのでした。

晴天への道を共に歩む

傘を貸すだけではない、

さらなるサポートを

根本的な経営改善で、真の事業再生を果たすという新たな使命のもと立ち上がったPMGPartners。目指すのは、「傘を貸すだけではない、晴れへと導くサポート」です。様々なノウハウを結集し、経営状態と事業性を分析し、的確な再生計画を検討。企業さまの資金繰りの安定化と事業改善に向けて、歩み始めます。

二人三脚で、

再生への道へ

事業再生を行う上でも大切なことは、お客さまに寄り添い、二人三脚で支えることです。さらに私たちは、多彩な実績をもつ弁護士や税理士、会計士などの様々な専門家と強力に連携。各専門家の事業再生に関する知識とノウハウを結集し、多角的な視点で最適な事業再生へとサポートいたします。

晴天への道を共に歩む

事業再生への道のりは簡単ではありません。事業活動は外的要因、内的要因と様々な影響を受けるものであり、企業によってその道のりは大きく異なります。当初の計画通りにいかないことも多々あり、即座に原因を突き止め、改善策を検討、実行していく必要があるのです。私たちはどんな時も、経営者さまに寄り添い続けることをお約束します。

会社と日本社会を晴れにする

真の事業再生を

共に果たす

日本経済の基盤である中小企業。中小企業を救うことは、日本経済の下支えになる――この考えはPMGから引き継ぐDNAです。私たちPMGPartnersの使命は、中小企業さまの経営を晴れへと導き、日本の社会全体を晴れにすること。経営者さまと共に、快晴の景色を眺めるため……私たちは真の事業再生を果たしてまいります。