スタッフブログ

2022.07.19 / 最終更新日:2022.07.19

新事業の取り組みについて

PMG Partners代表の佐藤です。

メンバーのブログにもありましたが、弊社のメンバーはお客さまの経営が晴れになって欲しいという想い一心で

業務に取り組んでおります。

 

PMG Partnersは私にとって新事業であり、グループ全体でこの事業再生、M&Aを内製化することが

急務であると感じており日々新事業の構築に邁進しております。

 

経営者の皆さまなら歩んできた道なので共感していただけると思うのですが、

0から1を作ることは非常に難しく、日々トライアンドエラーを繰り返しながらOJTを重ね、

事業再生とM&Aの内製化に努めております。

 

グループで事業再生を内製化することで、ファクタリングを利用のお客さまの経営状態を

少しでも晴れにする商品向上に繋がりますし、お客さま1社1社へ高い付加価値を提供できるようにもなります。

 

また、会社とはご自身が創業からこれまで苦労を共にした我が子のような存在です。

 

後継者不在で廃業せざるを得ない状況は酷な話しですし、実はご自身が気が付かない企業価値があり、

売却や大手の傘下に入ることで今の状態より社長も社員も取引先もハッピーになるパターンもあります。

 

M&Aを内製化することで企業成長、存続の選択肢が広がると確信しております。

 

0から1を創ることは非常に難しく大変ですが、

ファクタリング、事業再生、M&Aを掛け合わせ「唯一無二の総合金融サービス」を創るべく日々業務に邁進して参ります。

 

次回は事業再生における私の持論を記載いたします。